秋の季語「八朔の祝(はっさくのいわい)」を使った俳句一覧




秋の俳句自動作成

秋の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/autumn1/

秋の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/autumn2/

秋の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/autumn3/

秋の季語「八朔の祝(はっさくのいわい)」の解説

八朔の祝は、陰暦の八月一日(朔日)の稲の穂が出始めるころの行事のことをいいます。豊作を農家では祈って、この日を八朔盆、たのみの節句、八朔の節句などとして祝いました。

秋の季語「八朔の祝(はっさくのいわい)子季語・関連季語・傍題・類語など

田実の節(たのみのせち)/憑の節供(たのみのせっく)/田面の節(たのものせち)/絵行器(えぼかい)/綵雀(つくりすずめ)/造り雉(つくりきじ)/造り鷺(つくりさぎ)/姫瓜雛(ひめうりびな)/姫瓜の節句(ひめうりのせっく)/八朔の白小袖(はっさくのしろこそで)/八朔の白帷子(はっさくのしろかたびら)

秋の季語「八朔の祝(はっさくのいわい)を使った俳句一覧

秋の季語一覧



おすすめの記事