夏の季語「濁り鮒(にごりぶな)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「濁り鮒(にごりぶな)の解説

濁り鮒は、梅雨のころに産卵する鮒のことをいいます。濁り鮒は、産卵するために水かさが雨で多くなって濁った川を遡っていきます。

夏の季語「濁り鮒(にごりぶな)子季語・関連季語・傍題・類語など

濁りを掬う(にごりをすくう)

夏の季語「濁り鮒(にごりぶな)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事