夏の季語「山滴る(やましたる)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「山滴る(やましたる)の解説

山滴る(やましたる)は、夏の山を示す言葉で、夏の季語になります。木や葉の緑が、みずみずしくて青々としているという意味です。

夏の季語「山滴る(やましたる)子季語・関連季語・傍題・類語など

滴り(したたり)/涓滴(けんてき)/山滴り(やましたたり)/巌滴り(いわしたたり)/崖滴り(がけしたたり)/苔滴り(こけしたたり)

夏の季語「山滴る(やましたる)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事