夏の季語「水番(みずばん)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「水番(みずばん)の解説

水番は、別の田に自分の田に引く水が盗られないように見張ることをいいます。農家では、夏の盛りに田の水が足りなくなることがあります。

夏の季語「水番(みずばん)子季語・関連季語・傍題・類語など

堰守(せきもり)/夜水番(よみずばん)/水番小屋(みずばんごや)/水盗む(みずぬすむ)/水盗人(みずぬすびと)/水守る(みずまもる)

夏の季語「水あたり(みずあたり)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事