春の季語「野焼(のやき)」を使った俳句一覧




春の俳句自動作成

春の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/spring1/

春の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/spring2/

春の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/spring3/

春の季語「野焼(のやき)」の解説

野焼きは、野原の枯草を春先になって焼くことをいいます。山、野、畑、畦、芝 などを焼いて、害虫を駆除して草萌えをよくするためです。

春の季語「野焼(のやき)」の子季語・関連季語・傍題・類語など

野焼く(のやく)/野火(のび)/草焼く(くさやく)/堤焼く(つつみやく)/丘焼く(おかやく)/焼原(やきはら)/荻の焼原(おぎのやけはら)

春の季語「野焼(のやき)」を使った俳句一覧

  • 涸れ沼の芦けぶり居る野焼きかな / 臼田亞浪

春の季語一覧



おすすめの記事