春の季語「種浸し(たねひたし)」を使った俳句一覧




春の俳句自動作成

春の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/spring1/

春の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/spring2/

春の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/spring3/

春の季語「種浸し(たねひたし)」の解説

種浸しは、かますや俵に苗代に蒔く籾種を入れた状態で、二週間くらい発芽を促すために水に漬けることをいいます。米を作るために大事な作業です。

春の季語「種浸し(たねひたし)」の子季語・関連季語・傍題・類語など

種浸け(たねつけ)/種かし(たねかし)/種ふて(たねふて)/種ふせる(たねふせる)/籾つける(もみつける)/種時(たねどき)/種俵(たねだわら)/すじ俵(すじだわら)

春の季語「種浸し(たねひたし)」を使った俳句一覧

種俵大口あけて陽炎へり / 前田普羅

春の季語一覧



おすすめの記事