夏の季語「晶子忌(あきこき)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「晶子忌(あきこき)の解説

晶子忌は、明治時代、大正時代、昭和時代の詩人、歌人の与謝野晶子の五月二十九日の忌日のことをいいます。与謝野晶子は、「みだれ髪」の処女歌集で浪漫主義詩歌の地位を近代日本文学史上に確立しました。

夏の季語「晶子忌(あきこき)子季語・関連季語・傍題・類語など

夏の季語「晶子忌(あきこき)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事