夏の季語「穀象(こくぞう)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「穀象(こくぞう)の解説

穀象(コクゾウ)は、二ミリ、三ミリの体長の黒色の昔米びつや米倉に潜んでいたもののことをいいます。この名前が付いたのは、象の鼻のように頭部の先が突き出しているためです。

夏の季語「穀象(こくぞう)子季語・関連季語・傍題・類語など

穀象虫(こくぞうむし)/象鼻虫(ぞうはなむし)/米の虫(こめのむし)/米虫(こめむし)/よなむし

夏の季語「穀象(こくぞう)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事