春の俳句自動作成




このエントリーをはてなブックマークに追加







  •     春の俳句とは、立春(2/4頃)〜立夏前日(5/5頃)の俳句で、春という季節のすばらしさを教えてくれる作品になります。
  • (1)画面が表示されると「5,7,5」の俳句のキーワードが自動で表示されます。

    (2)残したいキーワードの前のチェックボックスにチェックをいれます。

    (3)「更新・再作成」ボタンを押下します。

    (4)チェックがはいっていないキーワードが入れ替わりますので、最適な標語になるまで「更新・再作成」ボタンを押してください。

    (5)季語がはいる部分は、「上の句」「中の句」「下の句」の中から選択してください。

    (6)春の俳句を自動で作成したい場合は、関連リンクから春の俳句自動作成 で作成してください。

    (7)夏の俳句を自動で作成したい場合は、関連リンクから夏の俳句自動作成 で作成してください。

    (8)秋の俳句を自動で作成したい場合は、関連リンクから秋の俳句自動作成 で作成してください。

    (9)冬の俳句を自動で作成したい場合は、関連リンクから冬の俳句自動作成 で作成してください。

  • あたたかさ
    あたたかな
    うかれ猫
    うぐひすの
    うららかや
    おそ桜
    おそ春の
    おぼろかな
    おらが春
    きさらぎや
    クロッカス
    クローバー
    ゴールデンウィーク
    さくら散る
    シクラメン
    シャボン玉
    すみれ束
    すみれ踏み
    たんぽぽや
    チューリップ
    ちるさくら
    つばめつばめ
    デージーは
    のどけしや
    のりの味
    ひばりなく
    ヒヤシンス
    ぶらんこや
    ほたる烏賊(イカ)
    ムツゴロウ
    やどかりの
    やどかりを
    ゆく春や
    れんげ田の
    愛のチヨコ
    磯遊び
    一の午
    雲雀(ヒバリ)より
    燕(ツバメ)かな
    遠足の
    牡丹の芽
    花ぐもり
    花すみれ
    花つつじ
    花の冷
    花ふぶき
    花みづき
    花衣
    花見かな
    花見唄
    花見哉
    花見酒
    花吹雪
    花曇(はなぐもり)
    花疲れ
    花粉症
    花冷えの
    花冷えや
    花冷に
    花冷の
    荷風の忌
    荷風忌の
    荷風忌や
    海苔あぶる
    海苔の海
    蛙かな
    蛙の目
    活けし梅
    蒲公英(タンポポ)の
    亀鳴いて
    亀鳴くや
    牛蛙
    虚子の忌の
    虚子忌かな
    虚子忌とは
    熊ん蜂
    啓蟄(けいちつ)の
    啓蟄(けいちつ)を
    兼好忌
    耕すや
    耕牛(こうぎゅう)や
    荒東風(あらごち)や
    行く春の
    行く春を
    行春の
    行春を
    菜の花と
    菜の花の
    菜の花や
    菜の花忌
    桜えび
    桜かな
    桜鯛(さくらだい)
    三鬼の忌
    三鬼忌や
    山笑ふ
    四月馬鹿
    子の土筆(ツクシ)
    子雀(こすずめ)の
    紙風船
    汐干狩
    謝肉祭
    若みどり
    種蒔いて
    種蒔ける
    種撰(たねえら)み
    受験の子
    受験期の
    受験子の
    受験子を
    受験生
    春が来る
    春なれや
    春のくれ
    春の雨
    春の雲
    春の河
    春の海
    春の午後
    春の坂
    春の山
    春の宵
    春の水
    春の雪
    春の蝉
    春の川
    春の昼
    春の蝶
    春の泥
    春の田へ
    春の土
    春燈(シュントウ)や
    春の虹
    春の日や
    春の猫
    春の風
    春の風邪
    春の暮
    春の夜の
    春の夜は
    春の夜や
    春の旅
    春ふかし
    春めきて
    春めきぬ
    春めくや
    春一番
    春雨や
    春蚊出づ
    春外套(がいとう)
    春光の
    春光や
    春更けて
    春祭
    春疾風(ハルハヤテ)
    春愁(しゅんしゅう)の
    春深く
    春雀(はるすずめ)
    春惜しむ
    春蝉の
    春昼(しゅんちゅう)の
    春昼(しゅんちゅう)や
    春泥(しゅんでい)の
    春田かな
    春燈下(シュントウカ)
    春日さす
    春風に
    春風や
    春眠の
    春眠や
    春眠を
    春夜(しゅんや)かな
    春立ちぬ
    春立つや
    春炬燵(はるごたつ)
    春服の
    初ざくら
    初午(はつうま)の
    初桜
    初節句
    宵の春
    小町忌(こまちき)の
    小町忌(こまちき)や
    笑ふ山
    新入生
    針供養
    人麻呂忌
    水を取る
    水温む
    水取や
    水張田(みはりだ)の
    雛の顔
    雛の家
    雛飾り
    雛納め
    杉の花
    雀の子
    西行忌(さいぎょうき)
    西東忌(さいとうき)
    石鹸玉
    赤い椿(つばき)
    雪崩かな
    浅蜊(あさり)掘る
    浅蜊(あさり)売
    巣篭もりの
    痩せ蛙
    草を焼く
    草餅と
    草餅の
    足長蜂
    卒業す
    卒業の
    卒業子
    大試験
    大石忌(おおいしき)
    大朝寝
    暖かさ
    暖かや
    遅ざくら
    遅桜
    竹の秋
    茶摘(ちゃつみ)かな
    朝寝かな
    蝶の飛ぶ
    蝶よ蝶よ
    蝶死にき
    蝶々や
    跳ね仔馬
    鳥雲(チョウウン)に
    鳥帰る
    壷焼の
    壷焼や
    摘む茶かな
    天耕(てんこう)の
    田楽(でんがく)に
    田楽(でんがく)の
    田楽(でんがく)は
    田螺(たにし)かな
    土筆(ツクシ)煮て
    土筆(ツクシ)摘む
    東風(こち)吹くや
    桃の花
    桃の木へ
    桃咲くや
    藤の花
    藤の昼
    二の午(にのうま)や
    入学す
    入学児
    如月(きさらぎ)の
    猫の恋
    馬の子の
    梅真白
    梅東風(うめごち))や
    白魚(シラウオ)の
    白魚(シラウオ)や
    鳥引くや
    白藤(しらふじ)や
    白梅(しらうめ)や
    薄霞(うすがすみ)
    薄氷(うすごおり)
    薄氷を
    八重桜
    蛤(はまぐり)や
    彼岸過ぐ
    彼岸前
    飛ぶ燕
    浜の桃
    風光り
    風光る
    風車
    風船の
    蕗の薹(ふきのとう)
    復活祭
    仏生会(ぶっしょうえ)
    雪崩(なだれ)かな
    鱒(ます)の影
    鱒(ます)群れて
    万愚節
    茂吉の忌
    茂吉忌の
    茂吉忌や
    木の芽して
    木の芽吹く
    木の芽増え
    目刺かな
    目刺焼く
    餅になる
    夜桜の
    野に遊ぶ
    野の霞
    野を焼いて
    野焼かな
    野遊びに
    野遊びの
    夕霞
    夕東風の
    揚雲雀
    陽炎の
    陽炎や
    落第の
    利休の忌
    立春の
    緑なす
    麗かや
    恋の猫
    恋猫の
    老の春
    囀や
    囀りを
    囀れり
    孕み馬
    朧月(おぼろづき)
    灌仏会(かんぶつえ)
    鰊(ニシン)食ふ
    春障子
  • あたたかならん
    いたかと亀に
    かげろふ高し
    かに春眠の
    げんげ田に来て
    ごとく蛤
    さくら散りつつ
    して春の風邪
    デージーの花
    ところでたんぽぽ
    とろける朝寝
    のけぞる雛を
    はこぶ田楽
    バレンタインと
    パンジー咲かせ
    ぶらんこ一つ
    ぺんぺん草の
    ぺんぺん草も
    ほとり春愁
    むかふ椿の
    やうに蝶来る
    ややかげろふの
    わが春愁に
    伊予柑の種
    雲ぞ春めく
    雲雀や息の
    蛙飛び込む
    観て海苔干場
    球根の芽が
    言ふ受験子の
    光り桜は
    耕人耕馬
    行けば春泥
    高く白鳥
    剛く竹秋
    今年の燕
    菜の花いろの
    桜さくらと
    枝垂桜に
    汐干もどりの
    春の七曜
    春光容れし
    春泥重く
    春田の虹と
    春風にをる
    春眠さめし
    針の供養の
    雛も古りゆく
    西行の日と
    雪崩の後や
    全身春の
    草餅あげて
    大路の春を
    地べたに蜆
    茶を摘む音を
    朝きさらぎの
    蝶こゆる谷の
    蝶を荒しと
    鳥の巣かかげ
    鳥の巣といふ
    低し春雨
    田螺(たにし)の暗さ
    桃にしたしき
    藤房の尖
    猫やなぎさへ
    燃ゆる目刺を
    買ふ初午の
    白い椿と
    白魚しろき
    薄氷杖の
    八十八夜の
    蛤舌を
    蛤量る
    彼岸の入に
    蜂一匹に
    木の芽をかこむ
    目刺の藁を
    野川を蝶の
    野遊びの髪
    楊貴妃桜
    陽炎となる
    陽炎高し
    陽炎立ちぬ
    来ては花見の
    理由春風
    裏は燕の
    恋する猫で
    蓮華つつじの
    欅芽吹けり
    蜆ふえたる
    鰆とるふね
    鰆の字面
    卒業証書の